Page: ライブチャットのアダルトと非アダルト

ライブチャットのサイトのチャットレディは、自分も楽しみながらポイントもゲットしたいというアルバイト感覚で登録している素人女性がほとんどです。「なんだ!カネ目的か!」と言いたくなってしまうかもしれませんが、そういうことでもありません。どうせ楽しむならお小遣いになったほうが良くないですか?その程度の感覚で、「ガッツリお金を稼ぎたい」というのとは、心構えが違います。相性のいい人がいたら付き合ってもいいなと考えている女の子の割合も高いようです。
だからこそ、「出来ること」と「出来ないこと」はハッキリしています。お金が目的であればある程度の我慢もしてくれますが、チャットレディは出来ないことは出来ないと断ってきます。これに対して男性側が怒るというのは良い態度とは言えませんが、怒るまでは行かなくても不愉快そうにしたり、あからさまにテンションが落ちたりといった形であらわしてくることはあるでしょう。そういったことも含めてトラブルを避けるために、予めライブチャットのサイトは「アダルトなのか非アダルトなのか」を公表しているのがほとんどです。非アダルトであれば、純粋にチャットレディとの会話などのコミュニケーションを楽しむことになります。とはいえ会話の内容がアダルトの方向になることはありますが、それはお互いの気分次第によっては範疇です。お話でのコミュニケーションの域を出なければ、女の子が了解する範囲で交されることがあってもおかしくはありません。
アダルトの場合は「セクシーポーズ」「オナニーシーン」「相互鑑賞」「テレフォンセックス」などの要求に応じてくれる可能性があります。かなりキワドイところまで応じてくれる子も多いようで、テレフォンセックスの聴覚への刺激に加え視覚的な刺激も加わる進化版のようなプレイも可能です。様々なコスプレやプレイに対応してくれる女の子もいます。どこまで対応してくれるかは女の子によっても違いますし、サイトの運営側が内容まで管理しているわけではなく、女の子も楽しむつもりになっているのがほとんど。そのため個人差があるわけです。気に入った子ができたら、その子を指指名したり予約を入れたりするのが安心でしょう。またポイントをプレゼントできるサイトであれば最近話題のテレクラって実際会えるんですか?感謝の気持ちをポイントで返すことも出来ますよね。風俗ではないので、女の子に「メニューにあるから」と無理強いすることは出来ませんし、出来ないからと言って苦情を出すことも出来ません。あくまでもライブチャットは女の子の気持ちで「応えてもらえるか否か」が決まりますので、お互いが気分良く遊べるように努めたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>